男性ホルモン ニキビ

男性ホルモンとニキビの関係

大人ニキビに悩む人、多いですよね。
かくいう私も長年悩んだ末、30代になってようやく悩まなくなりました。
食生活、化粧品、生活習慣、ストレスなど様々な要因があると思います。
同じような生活をしててもニキビができる人できない人、同じ治療法でも合う人合わない人がいるので、ニキビケアに関しては様々な情報が飛び交っています。
不規則な生活を整え、自分にあったシンプルなスキンケアを探すというのが王道で、それについては様々な情報が出ているのであえて書きません。
が、エステティシャンをしていた私が多くのお客様みて感じたこと。

 

それは、仕事のストレスが女性に与えるダメージの大きさです。

 

生活を整え、食生活を見直し、病院で薬ももらった、化粧品も色々変えた。
一瞬は治るけど、それでもまた復活するニキビ。そんな人を何人もみてきました。
それらの人に共通するのは、過酷な仕事環境です。
不規則、夜勤、終電帰り。生活環境を整えたくても変えられない。
そこまで大変な時間帯ではないにしろ、よくよく話を聞くとものすごくプレッシャーをかけてくる上司や先輩が大体いるとい話になります。

 

辛いのは、同じ環境にいる他の女性にはニキビができてないこと。
皆が同じような反応が出れば原因も突き止めやすいのですが、ストレスがニキビで出るかは体質や肌質によるので、治療法ジプシーなってしまうのです。

 

ストレスによるニキビの増加、それは自分自身の男性ホルモンの作用によると考えられます。
今の時代は男女均等。それでなくても不景気で仕事があるだけ有難いという考えなので、女性も男性並みに働きます。
外に向かって働きかける、長時間労働する、プレッシャーに耐える、という事は、積極的に男性化するということ。
その結果、本当は油分が出ることの少ないフェイスラインなどにニキビができます。
フェイスライン、つまり男性であればヒゲが生えるところにです。

 

ストレスがニキビで出る人、外見からはわからなくても子宮系の病気となってでる人、産毛が硬質化して本当のヒゲのように太い毛が顔に生えてくる人もいます。
男性ホルモンは副腎からと、卵巣からも作られるのです。男性的な負担が子宮、卵巣に悪影響を及ぼし、女性の男性化につながるのです。
男尊女卑ではありませんが、やはり人間の身体には女性の役割、男性の役割というものがきっちりあるんだなと感じます。
ちなみに私見ですが、ストレスニキビができている人は、性格的にも溜め込みやすく、表情が乏しく、控えめな方が多いようにみえました。
なので女性らしく表情豊かにたくさんお喋りをすることも、ストレス発散におすすめです。
ストレスによるニキビで悩んでいる方は、働き方が男性化してないかもチェックしてみてくださいね。