背中ニキビ 原因

背中ニキビの原因とは?治らなかった背中ニキビを治療する方法

蒸し暑く、露出の多いこの季節、背中ニキビに悩む人も多いですよね。
正しいケアをしてもなかなか治らないそのニキビは、もしかしたらマラセチア菌による皮膚炎かもしれません。

 

まずは背中や胸にできるニキビの発生のメカニズムとその注意点からチェックしましょう。
特にできやすい背中や胸の中央部分は、人体の真ん中を通る正中線と呼ばれるものがあります。
そこは急所が集まっている部分なので、それを守るために皮脂腺が集中して存在します。

 

暑い中汗をかくと、背中は皮脂分泌も盛んな上、なかなかしっかり手が届かないので角質も溜まって毛穴にフタをしてしまい、ニキビの発生と増加につながるのです。
胸元もあまりゴシゴシこすったりしませんよね。意外と角質が溜まってたり、お洋服やブラジャーで蒸れたりするところでもあります。
髪の毛の長い女性は特に髪の毛が直接肌に触れることや、シャンプー後の汚れた泡やトリートメント剤の流し残しも原因となるので要注意です。

 

髪の毛を背中につけない、頭を洗う時は髪の毛を前に流して洗い流す、それらを注意してきちんとケアをし、生活習慣や食生活を気を使って
それでも治らないという人は、マラセチア菌による皮膚炎、マラセチア毛包炎かもしれません。

 

カビ菌による皮膚炎なので、お医者さんに行かないと治りません。
このカビ菌は健康な人の皮膚には必ずいるという常在菌。
ヒトの汗の中にいて熱によって活性化するそう。
アトピーの人が汗をかくとこのカビ菌マラセチアグロボーザが出すたんぱく質によってアレルギー反応を起こし炎症になってしまいます。
その菌が普通の人でも背中ニキビの原因の一つになっていたんですね。

 

対処法としては、汗を長い時間皮膚の上にのせたままにしないこと。
こまめに身体を拭いたり、シャワーを浴びたり、マラセチア菌を予防できるせっけんなどを利用すること。

 

若いからといって放置せず、暑いこの季節でも綺麗に背中や胸元の開いたお洋服をきて涼しく過ごしたいものですね。